二現場の仕込み

| コメント(0) | トラックバック(0)

本日14日は…バレンタインデーの日ですが、私は現場の仕込みでした。 まぁ、奥さんと子供ぐらいしかもらえませんが…;_;

二現場重なるのも珍しいのですが、明日の15日に愛媛県県民文化会館(ひめぎんホール)のサブでダンスコラボEHIME2009が行われるのです。job09021501.jpg

毎年、撮影をさせていただいていまして、今年もカメラマン付1カメとリモコン1カメそして全体のカット用の計3カメをスイッチャーで切り替えて収録するというスタイルです。

ほぼ、現場でのスイッチング映像に作品スーパーや作品の前に学生が発表する高校生と作品のことを現場で流す練習風景の映像も使い入れ込むぐらいの状態で納品となっています。job09021502.jpg

県の文化振興事業ですが昨年も本番中に言われていた牛山先生の言葉「おそらく全国で愛媛だけ」という試みに少しとはいえお手伝いさせていただいている気持が嬉しく、手を抜くことができません。

今年はカメラマンにGIMMICKの矢野社長に来ていただき、スイッチャーは早野がしましたjob09021503.jpg。1カメ リモコンカメラ DXC-950 FUJINON雲台でリモート運用
2カメ DVCAM 人付 DSR-390  ノーマルレンズ
3カメ 全体カット用 PMW-EX1 iLinkを使いHDV HVR-M25Jにて収録job09021504.jpg

セッティングやテスト収録などを行いリハをしている間に別現場のセッティングに行く時間になりました。

といっても実は県民文化会館の真珠の間で、15日行われる、job09021505.jpg国際俳句フェス用のプロジェクタとスクリーンそしてPC用の機材をセッティングするだけなんですけれどね。job09021506.jpgjob09021507.jpg

真珠の間を半分に仕切って使用する形で、行ってみると現場ではステージを組んだり看板を設置したりとバタバタしていました。

内としては至極簡単で、スクリーンを組み立てプロジェクターを設置し、PCをつなぎ電源を確保して投影の確認という

いつもの手順ですね。

今回は200インチフロントスクリーンに5200ANSIのプロジェクター

操作は代理店の型が行うので、できるだけ簡単に使えるようSWは切り替え機としました。

PCは代理店が持ち込まれるのでテスト用のVAIOをつなぎ映写調整を行いました。job09021508.jpg

真珠のまってやっぱり大きいんですね、半分に仕切っていても、200インチはちょうどいい大きさに感じました。

いろいろと現場で感じることも多く、もっともっとたくさん現場を経験したいなぁと改めて感じました。

job09021509.jpg

早野

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://v-cube.net/mt/mt-tb.cgi/62

コメントする

2011年1月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

twitterやってます

なかのひと

携帯アクセス解析

ClustrMaps

最近のコメント

このブログ記事について

このページは、vcubeが2009年2月15日 00:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今日は良いお天気!」です。

次のブログ記事は「ことばのがっしょう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 5.01